販売業者を探そう

イベントでステージが必要となった場合、販売業者を探してみると良いでしょう。しかし、はじめてのイベントステージ購入は分からないことがおおいですよね。まずは、イベントステージについてのよくある疑問をみていきましょう!

イベントステージについてのよくある質問まとめ

おすすめのイベントステージはありますか?

折り畳み式の標準ステージなどがおすすめです。折り畳み式なので、収納にもとても便利です。

重たい楽器や大人数が登壇する場合でもイベントステージの耐久性は大丈夫でしょうか?

耐久性や安全性は建築試験所でしっかり確認されているので、安心して利用できます。

イベントステージの購入をしたい場合、どこから問い合わせればいいのでしょうか?

販売している業者のホームページを確認してみましょう。お問い合わせフォームやお電話からまずは見積もりをしてもらいましょう。

ステージ

野外と屋外用の2つ

イベントステージには表彰用の小さなステージもあれば、大人数が乗れる舞台用のステージもあります。野外と屋内で使うステージは分けられ、野外用はテント付きで屋内用よりも大きい傾向にあるのが特徴です。イベントでは、高所作業台用のタワーステージやハイステージが使われることもあります。通常のステージよりも高いステージです。また、ジョイント式でサイズ変更が可能なものもあれば、朝礼代のようにサイズが固定されているタイプもあります。なかには折り畳み式のものまで存在します。

材料による違い

イベントステージにはプラスチックやスチール、アルミでできたタイプがあります。キャスターのついたポータブルや折り畳み式のタイプは、こうした人工材で作られることがほとんどです。教壇といったステージは木材で作られたタイプが多く、デッキのようなステージも木材で作られています。また、樹脂製なるモノも存在しており、天然の木材と廃プラスチックを混ぜて作られたものがあります。樹脂製は耐久性に優れているので、野外のイベントステージや踏み台として使うのに向いています。使うシチュエーションに合う素材選びをしましょう。

企業や自治体のイベントに

イベントステージが使われるのは、舞台が必要なショーだけではありません。例えば自治体のお祭りや特産物、観光のPRなどにも使われています。講演会を開いたりトークショーを行ったりするときも、イベントステージは大いに活躍してくれます。企業であれば展示会や企業説明会のほか、歓送迎会などのパーティーにも使うことが多いです。使われる場面は物産展や優待セールなど客向けのイベントだけではありません。会議や研修、見学会など社内のイベントにもよく使われています。

個人や教育機関でも使用

教育機関では学園祭や文化祭、運動会などにイベントステージがよく使われています。また、個人でもホームパーティーを開くときやサークル活動、結婚式などでイベントステージが活躍しています。人が集まる場面で注目場所を作るのに適しているアイテムです。イベントステージを発注するなら、様々なタイプのイベントステージを取り揃えている業者を選択すると良いでしょう。

広告募集中