HOME>ホットトピックス>材料試験は公共機関も利用可能!格安でできる!

目次

様々なテストが可能

資材

製造業などで必要な材料の材料試験は公共の機関を利用して実施すれば低コストで試験を行う事が可能です。各都道府県には県や市などが運営している産業センターがあります。これらの産業技術センターを所轄管内の企業や、住人が使用する時には低コストで試験を実施、又は依頼する事が出来ます。これらの産業技術センターでは食材や化成品の物性から強度や色彩など様々な試験を実施する事が可能です。

試験機材の使用

資材

各エリアに所在する産業技術センターには圧縮や色彩や物性などの材料試験に関わる機材が数多く用意されています。産業技術センターでは材料試験を行うのに必要な試験機器を選択して使用することが出来ます。開放試験と産業技術センターでは呼ばれており予約を行えば必要な機器を必要な時間借りる事が可能です。産業技術センターでは高度な試験機器も数多く取り揃えています。開放試験以外に、依頼試験も実施しており、産業技術センターの技術職員に自分の代わりに材料試験を依頼する事も出来ます。

開放試験は格安です

資材

産業技術センターで材料試験の試験機器を開放試験する際の費用はとても安く設定されています。万能試験機などは1時間あたり、500円以下の使用料金で借りる事が出来る産業技術センターもあります。材料試験に使いたい試験機器は開放試験の場合、時間貸しとなります。長時間借りても低料金で試験を実施する事が出来ます。産業技術センターで行った開放試験の結果はデータや紙ベースで勿論持ち帰る事が可能です。

依頼試験は割高になります

男性

産業技術センターで依頼試験を依頼した場合、開放試験よりも試験にかかる費用は割高になります。依頼試験の良いところは材料試験のなどの試験に精通した技術職員が材料試験をきちんと実施してくれます。試験結果もきちんと証明書として依頼試験なら発行してもらう事も可能です。

広告募集中