HOME>ホットトピックス>【迷ったら必見】足場シートのおすすめの素材を確認しよう

素材選びで迷ったら

建築現場の足場シートを購入しようと考えたとき、シートの素材をどれにすればいいか迷いますよね。そんな時にぜひ確認してほしい、おすすめのシートの素材をランキングで紹介していきます!

どの素材にする?足場シートのおすすめ素材TOP3

no.1

ターポリン2類

多くの現場で使用されている素材。料金も安く質も良いためおすすめ度第1位です。飛来落下物による危険を防ぎます。

no.2

ターポリン1類

ターポリン2類より料金が高めですが、その分厚みがある生地となっています。丈夫な生地のため、おすすめ度は第2位です。

no.3

メッシュターポリン

メッシュ状に穴があいているため、通風性が良いのが特徴。軽くて取り扱いが簡単にできるのも魅力です。

工事現場に欠かせない道具

男性作業員

建築現場や解体作業など、騒音や火災の危険性のある現場で活躍を見せるのが足場シートです。足場シートはその使用される現場に応じて雨風などに強い2類ターポリン、防音性能に優れたメッシュなど様々な素材のものがあります。また、そうした現場では塗料や木くずなどの粉塵被害をまわりに与えてしまう可能性もあります。それを防ぐ効果も足場シートにはあり、特に中規模~大規模の工事の際には欠かせない道具であると言えるでしょう。

現場に適したものを選ぼう

足場シートはその現場の作業内容や時期、場所などに応じたものを選ぶことが大切です。現場によっては、発火する可能性がある作業を行う場合もあります。そうした際には多少値が張っても、厚手で防炎効果の優れたものを選んだほうが良いでしょう。作業時期というのも足場シートを選ぶ際に重要なポイントで、天候が悪くなりがちで、暗くなりがちな時期には目立つような色にするなどして注意喚起をしたりと、時期ごとに起こりうる天候不良なども考慮して選ぶ必要があります。

実用面以外にもメリットが

足場シートは実用的な面でなく、会社の宣伝もすることが出来る広告効果も期待出来るアイテムです。工期の間、そこを通る人などの目を惹くような足場シートのデザインなどを発注して、自社のイメージ戦略にも活用できる特徴があります。

広告募集中